道具を使いこなす、ちょっとしたコツ。

良い道具とは、一芸に秀でた使い勝手や一生ものとしての耐久性をそなえるものです。
プロたちが選ぶこうした道具を使いこなすのは、特別むつかしい技術が要るわけではありません。
一見気難しそうな道具でも、ちょっとしたコツを覚え、ほんのひと手間かけることで、
料理の楽しさやおいしいものをつくる世界がぐっと広がります。
素材や使い勝手の「ことわり」を理解して、良い道具を使いこなしましょう。


木製品(わっぱ、まな板、せいろ)
木は、水分や湿気を吸ったり吐いたりして、料理の美味しさを引き出します。水気への配慮が、木の道具を使いこなすコツです。

鉄のフライパン
強火にかけて。がんがん使える頑丈さが鉄のフライパンの特長です。こびりつきや錆は、使い方やお手入れの仕方で解決します。

アルミと銅の鍋・フライパン
熱の伝導の良さがアルミと銅の特長。全体が均一に熱せられる銅は、玉子焼きや和菓子の餡づくりでは定番。そのお手入れ方法は。

包丁・ナイフ
研げば切れ味が蘇り、長く使えるのが良い包丁。研がずに済む包丁はありません。時間も力も要りません。研ぎ方を覚えましょう。
フライングソーサーとは
試せるキッチンがある店
ワークショップ
IHで安全に美味しく
オリジナル商品
美味しい道具の選び方は
お手入れ方法
Online Shop
NEWS
スタッフブログ
採用情報は
社概要
アクセス