平成古伊万里の味わい“有田焼の器”

有田の窯元「李荘窯業所」。4代目の寺内信二さんと、
オリジナルの磁器の器をつくりました。
寺内さんは美術大学を卒業後に家業を継ぎ、
古伊万里の陶片から研究をきわめ、“平成古伊万里”と呼ばれる
高度な技術と独特な感性がこめられた器づくりを確立した現代の匠です。
400年前の陶片に学んだことは、土のぬくもりと手仕事の力。
成形も染め付けもとことん手づくりにこだわりながら、
座卓からテーブルに変わった
いまの暮らしに似合うデザインを生み出しています。
Flying Saucerのオリジナルの器のテーマは、
和洋中のスタイルにとらわれないニュートラルなデザインです。
土と手仕事の味わいを手のひらに感じながら、
ふだん使いの器として、料理を美味しくお楽しみください。
ONLINE SHOPへ


和を超えたニッポンデザイン
李荘窯の真髄は、温故知新。古きものから徹底的に学びとり、新しいオリジナルを追求したモノづくりをしています。素材と手仕事にこだわり、丈夫で使い良いことを何よりとしています。

土と手仕事のぬくもり
Flying Saucerのオリジナルの器は、土の素朴な味わいを活かすため、染め付けの柄を控えめにほどこしたデザインです。奥行きを感じる深みある白さ。ところどころに黒点が見られるのは、自然のままの釉薬を使い古伊万里の特徴を再現している証です。

小ぶりな蕎麦猪口はぐいのみとしても
シンプルな蕎麦猪口はちょっと小ぶり。ぐいのみやコーヒー・紅茶の器、料理の器としてもお使いいただけます。小さくても、凛とした佇まいを感じる器です。

いろいろな料理が盛りつけたくなる
浅すぎず深すぎないシンプルな小鉢。和の料理も洋の料理も、デザートにも似合います。主張を抑えたデザインですから、料理の姿や色合いが引き立ちます。ちょっとずつ色々、さまざまな料理を楽しんでください。

手にしっくりなじむごはんの器
毎日手にするごはん茶碗。手のひらに、しっくりなじむ上質さが感じられます。もちろん、料理を盛りつける器としても。美しい曲線、曲面を持った独特のフォルムです。

普段づかいにこそ上質さを

李荘窯の器は、高温で硬く焼き締める磁器です。毎日使う実用品だから、磁器であることは利点だと寺内さんは語ります。良質なものを普段の暮らしで身近に使う。美味しい暮らしのパートナーとしておすすめします。
フライングソーサーとは
試せるキッチンがある店
ワークショップ
IHで安全に美味しく
オリジナル商品
美味しい道具の選び方は
お手入れ方法
Online Shop
NEWS
採用情報は
社概要
アクセス
お取り引きに関するお問い合わせ