底が平ら・置いたまま炒める逆転の新発想”

中華鍋が欲しいとお考えでしたら、この深型フライパンに注目してください。
開発のきっかけは、IHでも使える底が平らな中華鍋をつくることでした。
鍋をあおって食材を炒める従来の中華鍋とは逆転の発想で、
鍋は置いたまま、スパチュラやクッキングスプーンを使って
食材をかき混ぜることで鍋肌の熱が料理に生されるように工夫されています。
ガスコンロをお使いの方からもこのほうが使いやすいという声が寄せられています。
中華鍋はほしいけど、使う頻度があまりなさそうと敬遠してきた方には、
大口径を生かして青菜やパスタを茹でるのに便利なことをご紹介しています。
また、食材を炒めてから煮込んだり、魚を煮る鍋としても活躍します。
素手で持てる木製ハンドルは、プロ仕様と同様にリベットで堅牢に接合。
フッ素樹脂コーティングのかけ直しができ、いつまでも長くお使いいただけます。
炒める・焼く・茹でる・煮る・揚げる、毎日の料理で活躍する定番の道具です。
ONLINE SHOPへ

鍋全体が発熱する厚さ2mmの三層構造
アルミを2種類のステンレスで挟んだ三層鋼アルミクラッド材を、高度なプレス技術で成形。IHでは、鍋底だけでなく側面も発熱。
鍋肌ですばやく食材を炒める、中華料理ならではの美味しさを引き出します。

IHを使いこなす逆転の発想
IHでは、鍋をあおって料理することができません。そこで、鍋を置いたまま食材をかき混ぜる逆転の発想で、料理のしやすい鍋の深さや形状を徹底的に検証。ぱらぱらチャーハン食感の良い野菜炒めを可能にする機能性がそなわっています。

平らな鍋底をいつまでも保つ高品質
IHのトッププレートに密着する平らな鍋底。厚い材料をプレス加工で成形し、形状の変化や歪みが起きにくい耐久性をそなえています。
30cmタイプは、グリップハンドルだけでなく補助の取っ手がついて、重いときもしっかり持つことができます。

3つのサイズと専用のガラス蓋
30cm、27cm、24cm、3つのサイズを用意しています。それぞれのサイズに合った、専用のガラス蓋もあります(別売)。究極の深型フライパンは、ガスコンロでも使えます。鍋をあおらずに手軽に炒め物ができると好評です。 ※24cmは2018年春発売予定。

掛け直しができるフッ素樹脂コーティング
鍋を置いて炒める調理がしやすいように、内側にフッ素樹脂をコーティング。主材の金属は半永久的な耐久性がありますが、フッ素樹脂は徐々に劣化します。フライングソーサーでは、フッ素樹脂の掛け直しも承ります。鍋の底面も磨き上げてお届けします。

機械を駆使してつくる職人技
側面まで厚みのある三層構造材を成形するには高度な技術が要ります。機械を使いこなす職人の技。工程ごとに手と目で検品を重ねながら、ひとつひとつ丁寧につくりあげています。
フライングソーサーとは
試せるキッチンがある店
ワークショップ
IHで安全に美味しく
オリジナル商品
美味しい道具の選び方は
お手入れ方法
Online Shop
NEWS
採用情報は
社概要
アクセス
お取り引きに関するお問い合わせ