包丁・ナイフ

包丁・ナイフのお手入れ方法

包丁・ナイフ

荒砥石と仕上げ砥石、2種類を使います。
砥石は、使うまえに水に浸して十分に水分を含ませます。

  • まず荒砥石から

    まず荒砥石から。
    刃先の角度に合わせて角度で刃を寝かせます。
    刃の背の方に、コインが2枚ほど入るくらいが目安です。

  • 砥石に対して刃の向きは45度

    砥石に対して刃の向きは45度。
    両手を使い、刃の向きと寝かせた角度をそのまま保ち5、6回前後させます。

  • 持ち手側からなかほど、刃先の順に研いでいきます

    持ち手側からなかほど、刃先の順に研いでいきます。

  • 研ぐと「かえり」といって、砥石と反対側に刃がわずかにめくれ上がります

    研ぐと「かえり」といって、砥石と反対側に刃がわずかにめくれ上がります。
    親指の腹で「かえり」が感じられたら研げている証拠です。

  • 包丁を裏返して、反対側も同じように研ぎます

    包丁を裏返して、反対側も同じように研ぎます。

  • さらに、荒砥石を仕上げ砥石に替えて、同じことを両面繰り返します

    さらに、荒砥石を仕上げ砥石に替えて、同じことを両面繰り返します。

  • 「かえり」はだんだん少なくなっていきます

    「かえり」はだんだん少なくなっていきます。
    仕上げ砥石で両面を研いだ最後の「かえり」は、古新聞に刃をあててぬぐうようにして完了です。

  • 砥石には、荒砥石と仕上げ砥石が貼り合わさった簡易タイプもあります

    砥石には、荒砥石と仕上げ砥石が貼り合わさった簡易タイプもあります。