2021年12月マンスリースペシャル

今月の旬

かぼちゃ

冬至と言えばかぼちゃ。だからこそ、かぼちゃは”冬”の食べ物と感じる方が多いのではないでしょうか。そして同じくらい”夏”野菜と感じる方も。どちらも間違いではありません。かぼちゃは旬の時期がふたつある食材。夏が収穫期のかぼちゃは、数か月追熟させることで甘みと栄養価が増し、寒さが最も厳しくなる冬に食べ頃を迎えます。

monthly special image

Monthly SPECIAL

かぼちゃの煮物

毎月旬の食材を使った調理をお伝えするコラム。今月はかぼちゃの煮物に挑戦します。煮汁の量を抑えて蒸し煮にすることで、ほっくりしっとり、冷えた体に染み入る美味しいかぼちゃに仕上がります。

2021年の冬至は12月22日。この日が今年最も夜が長い日です。冬至は一陽来復とも表現され、この日を境に夜がすこしずつ短くなり、日の差す時間が長くなっていくことから、転じて「悪いことが続いた後ようやく幸運が訪れる」意味でも使われています。しかし、そうはいってもまだまだ寒さの厳しい時期。今ほど食材の保存が効かず、冬の収穫が少なかったその昔、長期保存ができるかぼちゃはこの時期の貴重な栄養源でもありました。かぼちゃは体内でビタミンAに変化するカロテンがたっぷり含まれており、ビタミンAは粘膜を強化し抵抗力をつけます。空気が乾燥し、免疫力が下がる冬にはぴったりの食べ物というわけです。

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

今回用意したかぼちゃは、北海道の栗マロン。名前のとおり栗のように甘い糖度の高さが特徴です。わたをスプーンで取り除き、切り分けていきます。かぼちゃの皮は厚く火が通りにくいため、適度に皮を削ぎ、角は面取り。あらかた作業を終えたら、事前に昆布を煮出していた鍋から昆布を引きあげ、その出汁へ手づかみいっぱいの鰹節を追加し火を止めます。鰹節を濾すときは、ボウルとぴったりサイズの平ザルがあるととっても便利。今回はラバーゼのステンレスボウルと同ラインの浅型ざるを使ってみました。組み合わせた2アイテムの上に粗目の布巾をかぶせ、鍋を傾け濾していきます。

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

きんいろに輝く澄んだお出汁。これだけでも美味しそうですが、ここに先ほど用意したかぼちゃと醤油、酒、メープルシロップを入れ、煮込んでいきます。お出汁の量はかぼちゃの中ほどまで浸かるくらい。あまり量は必要ありません。落し蓋をし、蒸すように煮ていきます。落し蓋にはクックパーがおすすめ。油や汁を通さず、蒸気を適度に通してくれます。それからしばらく、かぼちゃがほっくり仕上がるまで鍋を見守って、できあがり。今回使用した、少人数~中人数の小鉢を作るのにちょうど良いお鍋はFlying Saucerオリジナル両手鍋18cm。鰹節を濾す際傾けやすい、取り回しの効く万能サイズです。

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3

ところで、冬至には「冬至の七草」があるそうです。にんじん、れんこん、ぎんなん、etc…そしてなんきん(南京)。「ん」が二つ付くものを食べると沢山の運が呼び込めるという謂れがあるそう。皆さんも是非、おいしい「ん」のものを食べて、新年へ向け運気を上げていきましょう。



Monthly Recommended

美味しい道具

  • 美味しい道具2

    ちょうどよい大きさ
    FS両手鍋18cm

    お出汁を濾すとき傾けやすく、水切れが良い
    鍋全体の熱の伝わり方が優しく、煮物が美味しく仕上がる

    詳細はこちら
  • 美味しい道具2

    ラバーゼ
    ボウル・浅型ざる

    同シリーズの丸ざる、プレートと
    組み合わせて便利

    詳細はこちら
  • 美味しい道具3

    オーブン料理や蒸し料理に
    クックパー

    落とし蓋に。
    後片付けカンタン

    詳細はこちら
  • 美味しい道具3

    取り分け上手
    FSクッキングスプーン

    1ピースが大きめの、
    崩れやすい煮物も上手に掬える

    詳細はこちら

FACEBOOKMORE